‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車のおしゃれは足元から

2014/07/05

車のおしゃれは足元からということで、タイヤ周りをきれいにする人が増えています。特にホイールに関しては泥などで汚れが付きやすく、その泥などが汚く見えてしまうことが多くあります。

 
よく通信販売などでこうした泥などをきれいに弾き飛ばすような水を出せるように、ホースの先端を改造しているものなどが売られていますが、そうしたものを利用したりあるいはガソリンスタンドなどでの洗車でも一定の汚れを落とすことはできます。

赤ちゃん11

駐車場が外の場合で屋根がない場合にはどうしても自動車が汚れやすいので洗車を頻繁に行うか、自分で定期的に汚れを拭いたりして落とすなどの努力が必要です。

 
日ごろから定期的にきれいにしておけば、自動車に乗ることについて快適な気分で乗れます。また、周りから見てもホイール回りなどから車体本体にかけてきれいにすることで、気持ちよくその自動車に乗ることができます。

 
足回りがきれいな自動車の場合は、見る人が見ればよく手入れしていると一目でよくわかってしまうものです。また、彼女などとデートでドライブなどをする際には特に彼女もきれいな自動車に乗りたいと感じるものですから、日ごろから足回りの掃除などをよくしておくことが大切です。

車をキレイにするために最低限これだけは用意したい!

2014/07/05

洗車道具として、揃えておきたい物が最低で4つあります。

 
1つ目はスポンジで、車を水洗いした後に、カーシャンプーを含ませて洗う時に使用し、車に付いた細かな汚れを落とします。

 

2つ目はセームで、水洗いやカーシャンプー後に、水拭き用として使用します。
水拭きを怠ると、水道水の水玉の急激な蒸発によって起こるシミの付着や、水玉に日光や紫外線が当たりレンズ効果を引き起こして塗装面を焼き付かせるウォータースポットといったトラブルなどがありますので、手早い拭き取りが大切になります。
またセームは、革製と合成素材品がありますが、どちらも吸水効果が高く、車のボディーに傷を付けにくいのが特徴です。

 

3つ目はバケツで、洗車道具が汚れた時に濯ぐのに使います。
洗車道具が汚れたまま車を洗ったり、水拭きしたりすると、汚れを伸ばしてしまうので定期的に濯ぎ、バケツ内の水も定期的に入れ替えます。

 

4つ目は掃除機で、車内のシートやマットなどに付着したホコリなどを掃除する時に使います。
掃除機は、家庭用のが理想ですが、電源の問題などで無理な場合は、ハンディタイプの物があり、充電式やシガーソケットから電源供給するシステムなどがあります。
これらの洗車道具は、カー用品店などで購入できます。赤ちゃん10

道具を揃えれば洗車は簡単

2014/07/05

洗車は手間のかかるものですが、その割に綺麗にならないと感じることが多いはずです。

 

車に付く汚れには様々なものがあり、泥汚れもあればタールやピッチなどもあります。

 

また洗車をした際に拭き取りを怠ると跡が残りますし、水垢が付くと洗車だけでは落とすことができないのが普通です。

 

 

しかし水垢取りやワックスなど、専用のケミカル用品を使えば簡単に落とすことができますし、汚れが付きにくいボディにすることも可能です。

 

 

洗車に使用するケミカル用品にはたくさんの種類がありますが、タールやピッチには専用の物がなければ落とせませんし、水垢取りに関しても専用の物がなければ落とすことはできないのです。しかし汚れに合わせた洗車グッズを揃えておけば楽に落とすことができますし、汚れが付きにくいボディにすることが可能です。

 

洗車用品はこだわれば高額な商品もありますが、低価格で購入できるものでも十分に効果があります。低価格で用途に合わせた専用品を準備することも可能ですから、グッズを揃えることで効果的に洗車ができるのです。ボディはワックスを掛けたりケアをしていかないと劣化が早く進みますので、定期的に洗車をしてボディのコンディションを高めることが大切です。

これだけは持っておきたい洗車道具

2014/07/05

常に洗車を行って、自動車のボディを綺麗な状態に仕上げておくことを好んで行っている方がいます。特に自宅で洗車などを行う場面では、バケツやスポンジ、カーシャンプーなどが基本的な洗車道具とされているのですが、もう一つ大切なものにはブラシが用意されています。

 

 

ハンディタイプのものがメインとして販売されているものを目にすることができますが、その利用方法としてはタイヤやアルミホイールがメインとなる傾向にあります。

赤ちゃん08

 

現在ではアルミホイールをドレスアップ用として用いている方も多く存在していて、自動車パーツの中でも目立つパーツとされています。自動車の場合ではボディだけではなく、アルミホイールやタイヤなども綺麗な状態にすることが注目されています。利用方法としては、ホースなどで水をかけながら使用することになりますが、泥汚れなどが付着してしまっている状態であっても、隅々まで綺麗にすることができ、大変活躍をする洗車道具になります。洗った後には雑巾などを利用して、水滴などを全て綺麗に拭き取ること良い方法になり、できるならば、タイヤにはタイヤ専用の艶出し剤、アルミホイールにはコーティング剤を利用することによって、輝きが増すことになります。

タイヤと同時にホイールもキレイ!

2014/07/05

自動車を趣味とする方はとても多くなっており、カー用品コーナーにはとても多くの商品が並ぶようになっています。
頻繁に洗車を行う方も多くなっていますが、タイヤやホイールについてもしっかりと気を配って綺麗な状態を保っていくことが大切です。
このような足回りについて適切にケアできる商品も多く見かけられるようになっており、量販店でもたくさんの種類から選べるようになっています。

赤ちゃん07
各パーツ毎に洗浄液やスプレーなどを買いそろえるのも良いのですが、一つの商品で足回りをカバーできる商品も多くなっています。
このような商品であれば細かくパーツ毎に洗浄していく必要はなく、大きな範囲で行うことができるためとても便利に活用することができます。
カー用品専門の店舗などで相談をするとより良い商品を見つけることができるので、このような店舗にて商品を選んでみるもの良いと思います。
カー用品にはこだわりを持っている方も少なくはありません。

 

 
また常に綺麗な状態に保とうとする方も大変多くなっているので、より便利に行うことができる商品は多く販売されるようになってきています。
より良い商品を選んで使用することによってしっかりとしたケアができるようになります。

車内の足回りお手入れ用品

2014/07/05

おしゃれは足元からなどと言いますが、クルマのおしゃれも同じかもしれません。クルマの足元といえばタイヤです。タイヤは泥などの汚れが最も付きやすい場所ですので、掃除をしていないとどんどん汚れていきます。しかし、ブラシでこすってもあまり汚れが取れませんよね。タイヤのお掃除にはタイヤ専用のタイヤワックスが便利です。汚れを取り除くだけでなく、ワックス効果があるので黒々と輝くようになります。また、ワックスが紫外線などからタイヤを守る効果もあります。

 

 

また、タイヤを履くホイールも重要なアイテムです。標準ホイールの場合、スチール製のものが多いです。スチール製のホイールは重いので運動性能を悪くし、ホイールキャップで覆っても見栄えはお世辞にもかっこ良いとは言えません。それに対して、アルミホイールは軽くてデザインもおしゃれですから、クルマが見違えるようになります。タイヤを交換するときも、軽くて楽です。ホイールもタイヤ同様に非常に汚れます。雑巾で拭けば比較的汚れは取れますが、手が真っ黒になってしまうので、ホイールクリーナーを吹き付けて汚れを取るのが楽です。

 

赤ちゃん06

タイヤをいじるついでに、ブレーキクリーナーも定期的に吹き付けると良いでしょう。ブレーキの鳴きが無くなり、フィーリングが良くなります。

効果の高い撥水剤のタイプ

2014/07/05

車のガラスに使用される撥水剤は、配合されている成分によりシリコン系とフッ素系の2つの種類に分類されます。一般的にフッ素系のほうが値段が高めに設定されていることが多いのですが、これは耐久性が高いためです。基本的に両者の特徴は、フッ素系はシリコン系に比べて撥水力は劣るが耐久性は高い、シリコン系は撥水性が高いが耐久性は低いところにあります。また最近ではこの両方の成分を配合した製品も販売されています。
どちらのタイプを使用するかについては利用者の好みによるところが大きいのですが、どちらのタイプを使用する場合でもきちんとした処理をしなければ効果は長続きしません。特に下地処理は大切です。ガラス面の油膜を落とさないままで使用しても撥水効果は長続きしないのです。しっかりと油膜を除去するためには洗車に加えて、専用の油膜取り剤を使用するのが有効です。赤ちゃん03
またワイパーの使用も撥水には悪影響を与えます。特に純正のワイパーは撥水コートを落としてしまいますので、自動車用品を販売しているお店やホームセンターなどで販売されている撥水施工をした車専用のワイパーに交換しておくと、撥水力をより長期間保ち続けることが可能になります。”

視界が良ければ雨の日の運転も安心!

2014/07/05

一年の中でも雨の降る量がぐっと増える、梅雨。車の運転をしていて、事故が特に多くなるのはやはり雨の日です。晴れの日に比べて視界が悪くなり、運転者・歩行者共に視野が狭くなりがちです。路面が濡れると、タイヤもスリップしやすくなるので、危険を感じてブレーキを踏んでも間に合わないことも多いようです。伴って人身事故も多くなりがちですので、より一層の注意が必要と言えます。

赤ちゃん02
視界の悪さの大きな要因は、やはり雨粒そのものや跳ねた泥でフロントガラスが汚れてしまう事でしょう。特に大雨の日などは、ワイパーでは拭ききれずに怖い思いをした方も多いのではないでしょうか。

 
そのような時は、ウォッシャー液を見直してみることをお勧めします。ガラスの汚れ落としとしてだけではなく、最近ははっ水作用があるものも売られています。使用するとフロントガラスの上にコーティングを作り、被膜が水をはじいてくれるのです。使い続けるとはっ水効果が持続するようになる種類もあるので、はっ水コートと表記されたもので探してみるといいですね。

なお、ワイパーブレードが劣化しているとせっかくの効果も発揮できません。こちらも、梅雨の前に一度確認しておきたいポイントですね。

窓用お手入れ用品について

2014/06/20

自動車の窓というのは、汚れていると大変危険です。常に汚れを落とし、視界をクリアにしている必要があります。窓の汚れを除去するためには、運転をする前に雑巾で汚れをふき取るのが一番簡単ですが、様々な自動車の窓用のお手入れ用品が販売されているのでそれらを使用するのも良いでしょう。

 

 

 

まず、ウォッシャー液ですが、空になることのないように気をつけながら、なくなる前に補充することが大切です。寒冷地では冬は現液のまま使い、夏は数倍に希釈して使います。ウォッシャー液は汚れ落とし成分だけのものあれば、撥水剤が含まれているものもあります。撥水効果があると、雨水を走行中の風で吹き飛ばすことができます。

 

 

 

また、窓ガラスにはいつのまにか油膜がこびりつくようになります。晴れの昼間の走行では特に問題はないのですが、夜の雨降りの中での走行では、油膜がこびりついた部分がぎらついて、非常に前が見えにくくなるので要注意です。油膜がこびりついているようなときは、油膜落とし剤を購入し、速やかに油膜を除去しなければなりません。

 

 

 

また、ワイパーゴムも2~3年使用すれば劣化します。劣化するとだんだん雨のふき取り能力が落ちてきて、雨天走行が危険になります。格安なワイパーでも良いですので、定期的に交換することが大切です。