効果の高い撥水剤のタイプ

車のガラスに使用される撥水剤は、配合されている成分によりシリコン系とフッ素系の2つの種類に分類されます。一般的にフッ素系のほうが値段が高めに設定されていることが多いのですが、これは耐久性が高いためです。基本的に両者の特徴は、フッ素系はシリコン系に比べて撥水力は劣るが耐久性は高い、シリコン系は撥水性が高いが耐久性は低いところにあります。また最近ではこの両方の成分を配合した製品も販売されています。
どちらのタイプを使用するかについては利用者の好みによるところが大きいのですが、どちらのタイプを使用する場合でもきちんとした処理をしなければ効果は長続きしません。特に下地処理は大切です。ガラス面の油膜を落とさないままで使用しても撥水効果は長続きしないのです。しっかりと油膜を除去するためには洗車に加えて、専用の油膜取り剤を使用するのが有効です。赤ちゃん03
またワイパーの使用も撥水には悪影響を与えます。特に純正のワイパーは撥水コートを落としてしまいますので、自動車用品を販売しているお店やホームセンターなどで販売されている撥水施工をした車専用のワイパーに交換しておくと、撥水力をより長期間保ち続けることが可能になります。”

コメントは受け付けていません。