窓用お手入れ用品について

自動車の窓というのは、汚れていると大変危険です。常に汚れを落とし、視界をクリアにしている必要があります。窓の汚れを除去するためには、運転をする前に雑巾で汚れをふき取るのが一番簡単ですが、様々な自動車の窓用のお手入れ用品が販売されているのでそれらを使用するのも良いでしょう。

 

 

 

まず、ウォッシャー液ですが、空になることのないように気をつけながら、なくなる前に補充することが大切です。寒冷地では冬は現液のまま使い、夏は数倍に希釈して使います。ウォッシャー液は汚れ落とし成分だけのものあれば、撥水剤が含まれているものもあります。撥水効果があると、雨水を走行中の風で吹き飛ばすことができます。

 

 

 

また、窓ガラスにはいつのまにか油膜がこびりつくようになります。晴れの昼間の走行では特に問題はないのですが、夜の雨降りの中での走行では、油膜がこびりついた部分がぎらついて、非常に前が見えにくくなるので要注意です。油膜がこびりついているようなときは、油膜落とし剤を購入し、速やかに油膜を除去しなければなりません。

 

 

 

また、ワイパーゴムも2~3年使用すれば劣化します。劣化するとだんだん雨のふき取り能力が落ちてきて、雨天走行が危険になります。格安なワイパーでも良いですので、定期的に交換することが大切です。

コメントは受け付けていません。